Blog&column
ブログ・コラム

空き家の実用的な活用法とは?

query_builder 2021/07/22
コラム
new-home-construction-for-sale-house
現在、空き家の増加が深刻な社会問題になっていますよね。
皆さんの住んでいる近所にも空き家が数件あったりしませんか?
こういった空き家問題は決して他人事ではなく、皆さんもいつかは直面する問題かもれません。
ここでは、そんな空き家の実用的な活用法についてご紹介します。

空き家の活用法とは?
空き家の活用法としては、以下のようなものがあります。

■修復して綺麗にし人に貸す
建物がまだそんなに古くはなく、立地的にも恵まれている場合は賃貸物件として家賃収入を得るという方法があります。
建物自体が古く老朽化してしまっているような場合は、リフォームするという手段もあります。
空き家を放置してしまうと固定資産税だけは払わなければならないため、家賃収入があれば悩む必要はありません。

■民泊として活用
近年では「住宅宿泊事業法」という法律が制定されたため、空き家や空室を合法的に民泊として活用することができます。
手続きは個人でも簡単にできます。
但し、民泊としては最大180日ほどしか貸し出すことはできないため、安定した収入を得ることは難しいかもしれません。

■シャアハウスとして活用する
運営方法は、自分で経営する方法と外部委託する方法とあります。
忙しい場合や、空き家が遠方にある場合は外部委託する方法がよいでしょう。

■解体し、土地にして使う
建物が古すぎる場合は、リフォームしようとしても新築を建てるのと変わらない費用が掛かってしまう場合は、いっそのこと解体して更地にしてしまうのが妥当かもしれません。
活用方法としては、アパートを建てて家賃収入を得るか、駐車場経営をするか、太陽光発電施設や貸地としての活用などがあります。

■売却
不動産へ売却や買取をしてもらうのが一番リスクの低い方法でしょう。
インターネットから簡単に申込することが出来ますよ。

▼まとめ
今回は空き家の活用法についてご紹介しました。
もし今空き家問題に直面している場合は、上記の事を参考にしてみて下さいね。

NEW

  • 管理費とは

    query_builder 2021/09/15
  • 物件の選び方のポイント

    query_builder 2021/09/01
  • 一人暮らしにおすすめな物件の間取りを紹介

    query_builder 2021/08/15
  • 賃貸物件の仮押さえについて

    query_builder 2021/08/01

CATEGORY

ARCHIVE