Blog&column
ブログ・コラム

土地売却に必要書類とは

query_builder 2021/07/08
コラム
legal-attorney-jurist-signature
土地売却を検討している方も多くいると思います。
しかし売却に必要な書類はどれだろう?と困っていませんか?
そこで今回は、土地売却に必要な書類をご紹介していきます。

▼不動産の種類によって必要種類は異なる
まず、不動産の種類によって不動産売に必要な種類は異なります。
不動産は、土地と建物に大きく分かれます。
さらに建物は一戸建てかマンションかによって必要書類は異なるので気をつけましょう。

■不動産売却で必要な種類
不動産の種類に関係なく、共通する必要な種類は以下になります。

・本人確認の身分証明書
・住民票
・実印
・印鑑登録証明書
土地建物登記済証、権利証か登記式別情報
・固定資産税・都市計画税納税通知書
・物件状況等報告書
これらはどの不動産の種類でも必要なので必ず準備しておきましょう。

土地売却で必要な書類
不動産の種類の中でも土地売却では、上記の書類のほかに以下の書類が必要です。
土地計量図
・境界確認書
これらは、土地の境界線を明確に表示するための書類で、作成するには測量を行わなくてはなりません。 
売却前に土地家屋調査士などの頼んで測量と書類の発行をしてもらいます。
測量せず売却をしてしまうと、隣地の所有者とトラブルがおきてしまう可能性もあるので、土地の境界線は明確にしておくことが大事です。

▼必要書類をまとめる際のポイント
不動産を失敗なく売却するために必要書類をまとめる際のポイントをご紹介します。

・余裕をもって準備をしておく
不動産売却で失敗しないためには、前もって必要書類を用意しまとめておくことが大切です。
必要になってから書類を揃えるとなると手間がかかってしまい、抜けが出てくることもあるかもしれません。
そのため、余裕をもって必要書類を用意しておきましょう。

もし不動産売却で分からないことがあれば、不動産会社へ早めに相談しましょう。

NEW

  • 管理費とは

    query_builder 2021/09/15
  • 物件の選び方のポイント

    query_builder 2021/09/01
  • 一人暮らしにおすすめな物件の間取りを紹介

    query_builder 2021/08/15
  • 賃貸物件の仮押さえについて

    query_builder 2021/08/01

CATEGORY

ARCHIVE