Blog&column
ブログ・コラム

内見の流れについて

query_builder 2021/04/08
コラム
lichtraum-visualization-architecture-live
自分の住みたい部屋探しする際、不動産会社を訪れ気になる物件の内見をします。
実際の当日の内見の流れとポイントについてご紹介します。

▼内見の流れとポイント
内見当日の主な流れとポイントについてご紹介します。

■来店予約をした不動産会社を訪れる
あらかじめ予約しておいた不動産会社へ訪問します。
できれば午前中の時間だと日当たりを確認することもできますし他の人とも時間帯が被りにくいのでおすすめです。

■希望条件のアンケートなどに応える
氏名や住所などの情報や希望する条件などのアンケートに記載します。
事前に自分の希望する条件を考えておくと時間もかからずにスムーズに進みます。

■担当者から部屋の紹介や説明を受ける
担当のスタッフと希望条件に合ったものや近い物件を紹介してくれます。
希望する条件を具体的に伝えいろんな物件を見比べることも大切です。

■気になる物件を内見しに行く
気になる物件をいくつか絞れたらスタッフと内見に向かいます。
不動産会社から場合は徒歩もありますが車で案内してくれます。
物件の周りの利便性や駅までのルート、環境などをチェックしましょう。

■物件の内容や仕様などを確認する
実際に部屋を内見し設備や仕様などを確認します。
内見する際脱ぎ履きがしにく靴は避け靴下も履いておきましょう。
家具の設置できるかなどサイズを測ったりコンセントの位置やベランダからの眺めなどもチェックしておきましょう。
集合住宅であれば駐車場やごみ置き場、郵便ボックスなど共有する部分がしっかりと管理されているのかも確認します。

■不動産会社に戻る
内見が終了したら不動産会社に戻り部屋決めについて相談します。
気に入った部屋があれば入居手続きに進みますしまだ他の物件を見てみたいのであれば今後の内見の相談をします。

▼まとめ
内見の流れとポイントについてご紹介しました。
内見する際は自分の希望する条件を具体的に担当スタッフに伝え物件を紹介してもらい
実際に目で見て確認しお気に入りの物件を見つけましょう。

NEW

  • 収益物件とは

    query_builder 2021/05/08
  • 不動産の注意点について

    query_builder 2021/05/01
  • 内見で注意して確認しておきたいこと

    query_builder 2021/04/22
  • 内見する際の準備について

    query_builder 2021/04/15

CATEGORY

ARCHIVE