Blog&column
ブログ・コラム

不動産の売買で仲介してもらうメリットとデメリット

query_builder 2021/02/20
コラム
various-home-homes-house
不動産を売買するときは、「不動産会社」「不動産仲介会社」などに仲介してもらうとスムーズです。
この不動産仲介では、どんなことをしてもらえるのか紹介します。

▼不動産売買で仲介してもらうことによるメリット
専門家に仲介してもらうことによる大きなメリットには以下が考えられます。
・不動産の査定をしてもらえる
・売買する相手を探してもらえる
・契約や引き渡しの手続きをしてもらえる
・売買金額や引き渡し時期などの交渉をしてもらえる

査定は専門知識がないと難しいですし、相手を自分で探すのは大変です。
契約や引き渡しの手続きも、専門家がいればスムーズに進みます。
また条件交渉も、慣れていなければ簡単にはいかないでしょう。
そのため、不動産売買を仲介してもらえるメリットは大きいと考えらます。

▼不動産売買で仲介してもらうことによるデメリット
メリットのほうが大きいと考えられますが、デメリットも考慮した上で仲介を依頼しましょう。
仲介してもらうことによるデメリットには以下が考えられます。
・手数料が発生する
・個人では交渉できない

仲介してもらうと手数料が生じます。
また、専属専任媒介契約を取り交わすと、個人での交渉は不可となります。
「知人に売りたい」という場合でも仲介業者を挟む必要があります。

▼まとめ
スムーズに土地の売買を進めたいなら、専門家に任せるのが1番です。
「株式会社Shin不動産」では、土地売買の仲介も行っております。
地元のネットワークを活かした物件探しや売買が可能ですので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 収益物件とは

    query_builder 2021/05/08
  • 不動産の注意点について

    query_builder 2021/05/01
  • 内見で注意して確認しておきたいこと

    query_builder 2021/04/22
  • 内見する際の準備について

    query_builder 2021/04/15

CATEGORY

ARCHIVE