Blog&column
ブログ・コラム

使わない空き家、デメリットが多ければ不動産会社に相談しよう

query_builder 2021/02/08
コラム
architecture-building-house
「相続したが住む予定がない」などの理由から、全国的に「空き家」が多くなっています。
資産でもある不動産ですが、どうしたら良いか悩み、そのままになっている人も多いでしょう。
そこで空き家の所持によって考えられるデメリットを紹介します。

空き家を所持することによって生じるデメリット
自治体によっては、空き家を活用している場合もあります。
しかし、うまく活用できない場合は、デメリットもあるため売却を考えたほうが良いかもしれません。
空き家を所持していると、次のようなデメリットが考えられます、

▼1.定期的な手入れが必要になる
空き家を放置しておくと傷みが進み、資産価値が低くなります。
定期的に手入れをする必要があります。

▼2.税金を払う必要がある
土地空き家を所有していると、使用しているかどうかにかかわらず固定資産税を払う必要があります。
今後も使用の見込みがない場合は、税金だけを払い続けることになります。

▼3.犯罪などに使われる可能性がある
「ここは空き家」だというのは周囲から見ても分かるものです。
犯罪に使われる可能性なども否定できません。

■まとめ
所持していることによるデメリットが大きく、今後も使う見込みがないのなら売却も検討しましょう。
そのためには、まず不動産会社に相談する必要があります。
「株式会社Shin不動産」では、ご不要になった空き家について相談を承っております。
資産として運用したい、売却したいなどのご要望は、ぜひ「株式会社Shin不動産」までご相談ください。

NEW

  • 不動産・ 賃貸会社の種類

    query_builder 2021/03/01
  • 不動産の買取について

    query_builder 2021/02/28
  • 不動産運用をするために収益物件を選ぶ2つのポイント

    query_builder 2021/02/26
  • 不動産運用をするなら信頼できる管理会社を選ぶことが大切

    query_builder 2021/02/23

CATEGORY

ARCHIVE